スポンサーリンク

適応障害で芸能活動休養中の深戸恭子が”復帰報告”

深田恭子 エンタメ

2日に俳優の深田恭子さんがご自身のSNS(インスタグラム)にて、芸能活動復帰の報告をした。

2日にご自身のインスタグラムの投稿を更新し、俳優のお仕事の復帰報告コメントしました。インスタグラムの写真には青く綺麗なロングドレスを着て美しい深田さんが写っていました。

俳優の仕事復帰に向けての復帰報告

俳優の深田恭子さんが2日に俳優のお仕事を復帰するとSNSで”復帰報告をしました。

2日にご自身のインスタグラムの投稿を更新し、俳優のお仕事の復帰報告をコメントしました。そこには今現在も芸能活動をしているような!形で青いロングドレスを着た姿でインスタグラムの写真を公開されていました。

俳優お仕事の復帰報告をインスタグラムでコメントを掲載しました。

「暖かいご声援とご支援に心から感謝しています。誠にありがとうございます。皆様に支えて頂き、与えて頂いた休養により、心と体も回復しまして、これからを再開していくことをご報告します。はじめは小さな一歩かもしれませんが、一歩、一歩、皆様への感謝を忘れずに、私が頂きましたように誰かを勇気づけたり、明るい気持ちになって頂ける、そんな姿でお仕事ができたらと思っています」

このようにコメントされており、適応障害と言う病気に大変苦しんでそれでも芸能界でまた復帰するぞ!と言う意気込みが描かれた感謝のこもったコメントが書かれていた。

深田さんの適応障害は今年5月に発症!?

適応障害と医師から診断され、5月26日から芸能活動休止していた深田恭子さん。5月ごろのお仕事として、主演で出演予定だった今現在放送中の「推しの王子様」には降板した。

適応障害の症状は、2020年の春頃から発症していて体調不良が続き、俳優のお仕事に支障が出るまで体調が崩れ始めた。

適応障害が人体に及ぼす影響とは?

仕事を誰もがする中でストレスを持ち、そのストレスを適応能力で適応しながら生活している。

また、その適応能力も人それぞれなのでストレスを対処する能力次第で適応障害にかかるかは変わってくる。

適応障害とは、簡単に説明すると仕事生活しているしている中でストレスがかかり、その特定のストレスに対応できず、生活に悪影響を及ぼすようなさまざまな症状を引き起こす精神疾患のことである。

外因的ストレス

そして適応障害には、外因的ストレス内因的ストレスの二つのストレス要因がある。

ここで言う外因的ストレスは、社会生活をしていく中で外からの刺激に対しての緊張状態を指していて、仕事や普段の生活(仕事、家庭、恋愛、学校)をしている中での外から入ってくるストレスを示している。

内因的ストレス

外因的ストレスでもストレスがかかる人と、ストレスがかからない人がいます。やっぱり人間は人それぞれなので、ストレスと感じる要因もその時の状況や環境または、性格によって全く変わってくる。

 

それが内因的ストレスと言われるもので環境、状況、状態、生まれ育った性格などで、ストレスの耐性が変わってくる要因のことを内因的ストレスと捉えられている。

 

適応障害はこの外因的ストレスと内因的ストレスがどのような状況でどのように対処できるかの各個人におけるバランスの問題とよく言われている。

深田恭子さん“復帰報告”まとめ

深田恭子さんの復帰報告についてまとめました。

深田恭子さんは2020年5月に適応障害と医師に診断され芸能活動の休養を取りました。そして約3ヶ月の休養をとり、9月2日に深田さんご自身のSNS(インスタグラム)にて仕事の”復帰報告”をしました。

 

「一歩、一歩、皆様への感謝を忘れずに、私が頂きましたように誰かを勇気づけたり、明るい気持ちになって頂ける、そんな姿でお仕事ができたらと思っています」

復帰報告で深田さんが最後に放った言葉は、今後の芸能活動についての抱負を述べていました。

 

適応障害とは、外因的ストレスや内因的ストレスなどの二つの要因が重なり、仕事や生活しているしている中でその二つのストレス原因がかかり、その特定のストレスに対応できず、生活に悪影響を及ぼすようなさまざまな症状を引き起こす精神疾患のことであることがわかった。

外因的ストレス内因的ストレスがどのように対処できるかの各個人におけるバランスの問題と言われているので今回の深田恭子さんの芸能活動復帰は、割と早い期間の間でバランスが良くなったとみえる。

芸能活動復帰ということで、今後の深田恭子さんの芸能活動での活躍をまた期待したい。

 

コメント