スポンサーリンク

八坂神社の「をけら詣り」年末大晦日の風物詩 2022年『白朮祭』を詳しく紹介!

イベント

【2022】白朮祭(おけらさい、をけらさい)とは、京都市東山区にある八坂神社において元日1月1日午前5時から行われる、一年の安泰を祈る神事である。

白朮祭は新年最初の祭礼です。神にお礼をして今年一年を安泰にするための神事を表すものなので、元旦から八坂神社では賑わいを見せる。

八坂神社は別名「祇園さん」とも呼ばれており、大変大人気の京都の観光名所です。

初詣のお客様と白朮祭が重なるため、人出は3日間100万人を超え、毎年大変混雑します。

そこで今回は皆様に白朮祭をうまく楽しんでもらう方法をSNSの情報や日時・開催場所をを通して「確認してもらえればな」と思います。

白朮祭とは?

 

白朮祭とは、京都市東山区にある八坂神社において元日1月1日午前5時から行われる、一年の安泰を祈る神事である。

白朮祭は新年最初の祭礼です。

白朮祭では折敷(おしき)13膳に鉋屑(かんなくず)である削掛(けずりかけ)と乾燥させた白朮の根を混ぜ合わせて盛り、それにご神火を点火した後、本殿正面から境内の石畳に投げ落とし、疫気・邪気を祓います。

元日の午前5時から行なわれる神事

白朮祭に先立って,12月28日の寅の刻過ぎ(午前5時)に,権宮司がヒノキの火鑚杵(ひきりぎね)と火鑚臼(ひきりうす)を用いて火をおこし本殿内の「をけら灯籠」にその火を移す鑚火式が行なわれる。

この火は 1年間ともされ続ける。本殿の「をけら灯籠」の火を,12月31日の夜の除夜祭の神事後に,境内 2ヵ所につるされた「をけら灯籠」に分けてともす。

 

この火は参詣者の願い事を書いた「をけら木」とともにひと晩中燃やされ,火縄を手にした人々がこの火を火縄に移して持ち帰る白朮参りが行なわれる。

まつりの歴史

詳しくはウィキペディア参照

12月28日に行われる鑽火式(さんかしき)で古式のままに火鑽杵(ひきりきね)・火鑽臼(ひきりうす)で鑽(き)り出した御神火は本殿内の「白朮(をけら)灯籠」に移される(この白朮火は1年間本殿内で燈し続けられる)。続いて大晦日12月31日の夜7時から行われる除夜祭の終わった後、境内3か所に設けられた「白朮火授与所」の「をけら灯籠」に本殿内から「白朮火」が移される。(境内の「をけら灯籠」では参拝者の願意が書かれた白木の「をけら木」が大晦日午後7時過ぎから元日早朝まで焚かれる。)

ウイキペディアhttps://ja.wikipedia.org/

2022年 日程・開催時間

2022年 白朮祭のイベントは2022年1月1日(土)〜1月3日(月)の3日間の開催予定です。

開催場所は京都府京都市東山区 八坂神社で開催。

入場協賛金/お一人様700円

2022/1/1(Sat)〜1/3(Mon)

白朮祭
開催期間
2022年1月1日(土)〜1月3日(月)
公式サイト 公式サイトhttps://www.yasaka-jinja.or.jp/event/shougatsu/
会場 京都府 京都市 東山区 祇園町北側625 八坂神社
入場協賛金 観覧入場料金 大人一人700円
備考電話

TEL 075-561-6155

駐車場 駐車場は八阪神社付近の駐車場をお使いください

マップの表示

開催時間 12月31日午後7時半頃からをけら詣り
1月1日に白朮祭(をけらさい)
1月3日に初能奉納(金剛・観世流隔年奉仕)、かるた始め式

Googleマップの表示

京都・八坂神社 MAP

祭り イベント情報

をけら詣り

この祭りは12月28日午前4時の鑚火式にて古式にのっとり火きり臼と火きり杵できりだされた御神火は、大晦日の午後7時、除夜祭斎行ののち、宮司以下祭員によって、境内に吊された灯籠にともされ、人びとの願いを記した「をけら木」とともに、夜を徹して(大晦日午後7時半頃~元旦早朝まで)焚かれます。

白朮祭

白朮祭(おけらさい、をけらさい)とは、京都市東山区にある八坂神社において元日1月1日午前5時から行われる、一年の安泰を祈る神事である。 古くは「祇園削掛神事(ぎおんけづりかけ、ぎをんけづりかけのしんじ)」と称した。 白朮はオケラ (植物)のことで、その根を燃やしたことからこう呼ばれる。

 

初能奉納(金剛・観世流隔年奉仕)

毎年新年の恒例行事として1月3日午前9時より八坂神社能舞台で行われます。
金剛流・観世流各家元による「翁」と「仕舞」の奉納があり、新春に花を添えます。

かるた始め式

主祭神である素戔嗚尊は櫛稲田姫命とご結婚の際に、そのよろこびを
和歌に詠まれました。
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣を」
この和歌は日本で初めての三十一字の和歌であります。

平安時代の童子、童女、かるた姫の服装と容姿を装い新春を華やかに盛り上げてくれる

お披露目会になっています。

 

 

八坂神社の見どころと白朮祭のPR

白朮祭は元旦の午前の5時に斎行される新年最初の祭典です。八阪神社、年初めの恒例行事で吉兆縄をくるくる回しています。

075kyokoチャンネル

katsushi1964チャンネル

 

SNS  口コミ

アクセス・駐車場

電車アクセス

祇園四条駅から徒歩約5分

京都河原町駅から徒歩約8分

車アクセス・駐車場の場所

公共交通機関をご利用ください。

駐車場は八阪神社付近の駐車場をお使いください

マップの表示

まとめ

いかがでしたか?

白朮祭のイベントはとても新年の年初めに適した伝統行事の祭典だと思います。

白朮祭とは?

・2022年 日程・開催時間

・祭り イベント情報

・SNSの口コミ

の4つのテーマについて解説してみました。どうでしたか!行きたくなってきましたか?

いざ!をけら火をくるくる回しに行ってみましょう!

コメント