炭水化物ダイエットとは?そのやり方と食事メニュー徹底調査

生活

「ほんとに痩せるのだろうか?」「最近はやっている炭水化物ダイエットだけど方法はどうやっているの!」と度々頭を悩ましている人はいるのではないでしょうか!?

特に最近は注目を浴びている炭水化物ダイエット。

今回紹介するのは、この先ほど伝えた炭水化物ダイエットのことです。

この炭水化物ダイエットの方法やダイエット効果の詳細などを皆さんの生活に役立つ情報をテーマに解説していきます。

また、今回紹介するレシピなんかは管理栄養士が、実際に推薦するダイエットメニューやレシピなど大変役立つ情報になると思います。ですからこの記事を最後までお読みいただければと思います。

炭水化物ダイエットとのやり方と効果

炭水化物ダイエットとは?そもそも何のことを言うのでしょうか!

それは….

炭水化物を含む食べ物を抜く減量法です。

炭水化物ダイエットとは、主にメイン食材の炭水化物を含む食べ物たちを普段の食事から抜いて体の体重を減量させるダイエット方法です。

炭水化物ダイエットを過度にやりすぎると主食を摂らないことがストレスで継続出来なかったり、炭水化物に含まれる食物繊維が減ることで便秘になったりするケースもありうるとのことです。

主に主食と言われるご飯や麺、パンやシリアルなどに炭水化物は多く含まれますが、炭水化物ダイエットではこのような食べ物を抜き、抜いた分を他の食べ物で補っていきます。

炭水化物の1日の摂取目安

炭水化物とは、そもそも私たち人間の体を動かすための主要エネルギーと言われています。厚生労働省では、炭水化物の摂取目標量を総エネルギー中およそ50-65%としています。

例:1日2000kcalの摂取カロリーであれば1000-1300kcal(ご飯なら茶碗4〜5杯分)は炭水化物で摂るイメージです。

炭水化物ダイエット効果

炭水化物ダイエットの効果は確かにあります。

では、どのような効果が生まれるのかを解説していきます!

人間の体は、炭水化物の摂取が少なくなるとエネルギーが不足していくためそれを補うのに体内に蓄積していた中性脂肪を分解し、新しいエネルギーの源としてエネルギー源を作り始めるため、余分な中性脂肪がなくなるという仕組みになっているからです。

そして中性脂肪を分解する際、肝臓で「ケトン体」という物質が作られます。このケトン体が炭水化物に代わり、体を動かすエネルギー源となります。

そして炭水化物ダイエットを始めて効果が出る目明日としては、およそ二週間ほどとなります。ですが、そこには個人差も埋めれるため一替えには言えませんが。

炭水化物ダイエットのメリットとデメリット

Five macronutrients Carbohydrates, proteins, fats, minerals and vitamins

運動をするひとはエネルギーが必要不可欠なので、炭水化物の摂取が必須。運動するのに炭水化物を抜いてしまうと低血糖の症状が起こることがあるので注意。

また、脳にとっても一番最初のエネルギー源となるのが炭水化物。極端に抜いてしまうと頭が働かない、やる気が起こらないといった状態になる場合も。なので、朝はきちんと炭水化物を摂取するのがおすすめ。

炭水化物ダイエットのメリット

炭水化物ダイエットの一番のメリットのある点は、脂肪の燃焼効果があることだ。

 

なぜなら炭水化物を抑えてタンパク質の量が増えると水分代謝や血行の流れを促すことによってフレッシュな状態を目指せる。炭水化物や砂糖などの糖質を控えることでカラダが糖化するのを防ぐ働きもある。

また、水分を溜め込んでしまう糖質を摂取しないことで、体のむくみも予防できる。

さらに、代謝の向上と血糖値の乱高下が少なくなることと脳が活性化することにより、普段より空腹感を感じにくくなり、そのおかげでリバウンドの低下や食後の眠気も感じにくくなるといったメリットが炭水化物ダイエットの特徴である。

 

炭水化物ダイエットのデメリットと危険性

炭水化物ダイエットは決して良いことばかりではありません。

炭水化物ダイエットにもデメリットはあります。そもそも主食を摂取しないので、ストレスがたまり継続ができないですし、食物繊維自体も炭水化物を抜くことであまり取らないことになるので便秘気味になりやすいのです。

また炭水化物を抜くことで体の中の糖が不足し、低血糖の症状が出るリスクが高まることも深刻な問題です。

低血糖とは血糖値が正常の範囲以下まで下がった状態で、一般的には頭痛や手足の震え、目のかすみ、ふらつき、冷や汗などが見られます。

さらに、精神面感情に不調が出ることもあります。精神的不安があることにより仕事で判断力の低下や仕事中の眠気や苛立ち(イライラ)または無気力感情コントロールの低下などが挙げられます。

 

そしてエネルギー源が脂肪分に代わりにくいひとは、炭水化物を控えてしまうと少しダルさを感じたり、疲れやすくなるといった低血糖の症状があらわれることも。そういったひとは中鎖脂肪酸を多く摂ると良いと言われている。

 

誰でも必見!炭水化物ダイエットの食事メニュー

豆腐ハンバーグ アボカドのせ

ハンバーグの肉を半分豆腐にしてつくる。締めのソースはごまソースを使います。そしてごまソースは、すりごま、ごま油、めんつゆ、マヨネーズを混ぜるだけ。

豚しゃぶサラダ

サラダは野菜だけよりも肉や豆腐などのたんぱく質を加えると栄養バランスもよく、食べ応えもあってGOOD。

大根おろしのせステーキ

牛ステーキに大根おろしをのせる。大根おろしは消化をサポートしてくれるだけでなく、肉の脂っぽさも消してくれる。大根おろしのうえに大葉をのせると美味しさもさっぱり感もアップ。

 

アボカドビビンバ丼

キムチ、納豆、アボカド、卵、オクラなどを入れた良質な脂質が多めにメニューも美味しくて絶品。特にアボカドは炭水化物ダイエットにとても役立ちます。

 

コンビニ飯でもできる炭水化物ダイエットメニュー

基本コンビニの弁当やパスタなどはNGです。

弁当やパスタの中にはかなりの量の炭水化物が詰まっているのであまりお勧めはしません。

そこでお勧めしたいのが、コンビニ飯炭水化物ダイエットセットの作り方のポイントとしては、パスタサラダやワンタンスープなど炭水化物の少ないものを選び、そしてボリュームのある肉や魚のおかずを選ぶことです。

例えば、牛乳、パウチ入りのロールキャベツ、わかめスープ、サラスパなど合わせることで簡単にコンビニで炭水化物ダイエットセットの完成になります。

 

まとめ

炭水化物ダイエットについてのまとめ

今回は生活する上で、ダイエットをテーマとした内容をお送りしました。ダイエットを日々している大人の皆さんにはとっておきの内容だったと思います。

紹介した内容としてはこちら

・炭水化物ダイエットとのやり方と効果

・炭水化物ダイエットのメリットとデメリット

・誰でも必見!炭水化物ダイエットの食事メニュー

の3テーマをお伝えしました。炭水化物ダイエットは非常に即効性があり、ダイエットにはとても、もってっこいな案件ですが、やり過ぎには体の負担にもなりかけるのでそこら辺の考慮は大事にして欲しいですね。

しかし、誰でも効果的即効性のあるダイエット方法なので一度試してみるのもありかもしれませんね。

 

株式会社ベルタ
ミルクで洗う泡立てない全身ソープ【ベルタベビーソープ】定期便申し込みの詳細を紹介

ミルクで洗う!?うるおいバリアで、乾燥をしっかりブロック!
赤ちゃん肌の負担にとことんこだわったうるおいの全身洗浄料

洗いすぎない、乾燥させない
ミルクで洗う、泡立てないベビーソープ
濃厚ミルクをサッとひろげて、シャワーで洗い流すだけ
ミルクの内側の微細な泡が汚れをしっかり包んでやさしく洗う

3種のボタニカルオイルを贅沢に配合

【ベルタのこだわり】
ミルクで洗う泡立てない全身ソープ。
赤ちゃんの肌への負担に着目し、洗いすぎないことにとことんこだわりました。

・赤ちゃんの肌は、皮膚の厚さが大人の約1/2しかなく、1年を通し水分量、NMF(天然保湿因子)量、
 皮脂量がいずれも著しく低いため、乾燥して外からの刺激を受けやすい状態にあります。
 本製品は、「カサカサ乾燥しやすい赤ちゃんの肌」のための全身洗浄料です。

・乾燥の根本原因と考えられる「バリア機能の低下」に着目。外部刺激から肌を守り、
 高い皮膚バリア機能を発揮、乾燥によって起こる様々な肌悩みを防ぎます。

・うるおい保持と洗浄力を兼ね備え、ミルククリームのようなテクスチャーで、
 しっとりすべすべに洗いあげます。
 ミルクの内側の微細な泡が、肌に必要な皮脂やうるおいを守りながら、汚れを包みこんで洗い落とします。
 皮膚への刺激を最小限に抑えることを大切に考えた、洗いすぎないモイスチャーキープ処方を採用しています。

・皮脂に近い刺激レスの3種のボタニカルオイル配合で、
 乾燥した肌にダイレクトにはたらきかける有用成分をふんだんに配合。
 デリケートな肌をしっかりケアする処方設計です。

ホホバ種子油:皮脂のバランスを整える
オリーブ果実油:水分蒸散を防ぎ肌を柔らかく保つ
コメヌカ油:リノール酸を多く含み、外部刺激から肌を守りバリア機能を整える

平日17時までのご注文は当日発送!
ベルタベビーソープ初回特別価格75%OFF
3,900円(+送料600円)⇨980円(送料無料)、(税込価格1078円)

お得な定期便もあります!試してみる!

サイトを作成するなら【Xserverドメイン】
生活
tanakaminoru0213をフォローする
MEDIA LIFE

コメント

  1. […] […]