スポンサーリンク

渡辺宏容疑者 埼玉・ふじみ野市で立てこもり事件発生 母の死に”蘇生措置を要求”男性医師に断られると散弾銃で殺害❗️❓

社会

埼玉県ふじみ野市の住宅で銃をもった男が、家の中で立てこもりその際に人質となっていた医師の男性が銃で殺害される、立てこもり事件が発生しました。男は渡辺容疑者(66)で死亡している母親の”蘇生措置”を男性医師に要求をしたところ、男性医師に断られ、逆上し、犯行に及んだと思われます。

埼玉・立てこもり事件発生!渡辺宏容疑者(66)母の死に”蘇生措置を要求”男性医師に断られると散弾銃で殺害❗️❓

TBSNEWS 

埼玉県ふじみ野市の住宅に男が立てこもり銃を持って、男性医師を人質にし、その後持っていた散弾銃で医師を撃ち殺害した立てこもり事件発生しました。

男は渡辺容疑者(66)で死亡している母親の”蘇生措置”を男性医師に要求をしたところ、男性医師に断られ、逆上し、犯行に及んだと思われます。

 

ふじみ野市の無職・渡辺宏容疑者(66)は今月27日、医師の鈴木純一さん(44)を人質に自宅に立てこもり、鈴木さんを散弾銃で撃ち殺害した疑いがもたれています。

 

鈴木さんは前日に渡辺容疑者の母親の死亡を確認しましたが、その後に捜査関係者への取材で、渡部容疑者が「焼香に来て欲しい」と鈴木さんらクリニック関係者7人を呼び出したことがわかりました。

鈴木さんら一行が到着してすぐに渡辺容疑者は死亡が確認されてからおよそ30時間経過した母親に蘇生措置を行うように求め、鈴木さんらが断りを丁重に入れると、いきなり散弾銃を取りだし、犯行に及んだとみられます。

 

警察は、事件に至った経緯をさらに詳しく調査するとのことです。

追記

その後の捜査関係者への取材で、渡辺容疑者は「鈴木さんを最初に撃った」と話していることが分かりました。

引用:Yahoohttps://news.yahoo.co.jp/

追記2       11時間に及ぶ”にらみ合い”の末 強行突入

引用:https://news.yahoo.co.jp/

鈴木純一医師の犠牲に地域住民ショック広がる

ふじみ野市の無職・渡辺宏容疑者(66)は今月27日、医師の鈴木純一さん(44)を人質に自宅に立てこもり、鈴木さんを散弾銃で撃ち殺害した疑いがもたれています。 鈴木さんは前日に渡辺容疑者の母親の死亡確認をしましたが、その後の捜査関係者への取材で、渡辺容疑者が「焼香に来て欲しい」と鈴木さんらクリニックの関係者7人を呼び出したことがわかりました。 鈴木さんらが到着すると、渡辺容疑者は死亡確認からおよそ30時間が経過した母親に蘇生措置を行うよう求め、鈴木さんらが断ると、いきなり銃を取り出し、犯行に及んだとみられます。警察は、事件に至ったいきさつをさらに詳しく調べています。

引用:Yahoohttps://news.yahoo.co.jp/

2014年9月、同医師会の入会あいさつに訪れた鈴木さんは首から聴診器をぶら下げ、手術着という診察時の姿。

関谷会長は「格好には驚かされたが、在宅医療は24時間いつでも患者の元に駆けつけないといけないという情熱がよく分かった」と振り返る。

 関谷会長によると、同市と富士見市、三芳町の2市1町の在宅患者の約8割、約300人を鈴木さんのクリニックが診ていた。新型コロナ感染の「第5波」だった昨年8~9月には、朝霞保健所の依頼で多くの自宅療養者のケアに当たった。関谷会長は「熱心に取り組み、信用される人だった」としのんだ。
 母親が鈴木さんの訪問診療を受けていた三芳町の50代の公務員男性は「深夜でも来て、母親に優しい声をかけてくれ、母親も先生の顔を見るとホッと安心した顔をして治療を受けていた。あんなにいい先生が事件に遭うなんて」動揺を隠せない様子だった。
男性が話すには、「高齢化がさらに進む時代、鈴木先生のような医師がたくさん必要になる。大きな(社会の)損失で残念でならない。家族を失ったのと同じぐらいショックを受けた」と語っていた。
地域住民だけではなく、医師業界にも愛されていた鈴木純一さん、熱意のこもった情熱を持って普段の仕事に勤しんでいただけに医療業界社会全体にも大きな存在であり、亡くなるには惜しい存在で、社会に多大なる影響をもたらした事件となってしまった。
鈴木さんは昨年8月、埼玉県内で開かれた東京パラリンピックの聖火リレー関連のイベントで、障害のあるランナーの伴走者も務めていた。

NHKのテレビ放送の様子

容疑者&被害者プロフィールと犯行現場!

渡辺容疑者のプロフィール

名前:渡辺宏(わたなべ ひろし)
年齢:66歳
職業:無職
職場:なし
住所:埼玉県ふじみ野市の民家

犯行現場のGoogleマップ

 

引用:https://mikobito.com/

 

鈴木純一さんのプロフィール

名前:鈴木純一(すずき じゅんいち)
年齢:44歳
職業:医者
職場:富士見在宅クリニック
富士見在宅クリニック
所在地 〒354-0017 埼玉県富士見市針ヶ谷2-8-7
ホームページ http://www.fujimizaitaku.com/

東京慈恵会医科大学卒

最近では新型コロナウイルスの影響で病院に入院できない患者なども、自宅での療養を余儀なくされた患者のために在宅診療の内科を専門とし、コロナ患者の診療なども行っていた。

鈴木純一さんは、内科専門として10年ほど前から埼玉県の在宅診療として取り組みを始めていた。

鈴木 純一さんのご冥福を祈ります。

世間の声、Twitterの反応

まとめ

今回の記事のまとめ

・埼玉・立てこもり事件発生!渡辺宏容疑者(66)母の死に”蘇生措置を要求”男性医師に断られると散弾銃で殺害❗️❓

・鈴木純一医師の犠牲に地域住民ショック広がる

・容疑者&被害者プロフィールと犯行現場!

・世間の声、Twitterコメント

記事をまとめると埼玉県ふじみ野市の民家で立てこもり事件が発生し、渡辺容疑者が死亡した母親の”蘇生措置”を要求し、要求を男性医師が断り、渡辺容疑者が散弾銃で撃ち殺害した。

鈴木純一医師は、患者と真剣に向き合い熱意を持った医者だったことがわかります。それだけに社会に大きな損失をもたらす事件となりました。

鈴木 純一さんのご冥福を祈ります。 

お名前.com

コメント

  1. […] […]