【暴走】ゴーカート暴走で、吉田成那ちゃん(2)が意識不明の重体!アクセル全開で子供グーループの集団に突っ込む!?

社会

北海道森町のゴーカート場で開催されたイベントで、カートが暴走し2歳の男の子が意識不明の重体となっている事故で、警察はカートを運転していた女の子がアクセルを産み続けていたと見て事故の原因を調べています。

吉田成那ちゃん(2)が意識不明の重体!アクセル全開で子供グーループの集団に突っ込む!?

 

北海道森町のゴーカート場で開催されたイベントで、カートが暴走し2歳の男の子が意識不明の重体となっている事故で、警察はカートを運転していた女の子がアクセルを産み続けていたと見て事故の原因を調べています。

 18日、森町のイベント会場で11歳の女の子が運転するゴーカートが見物客に突っ込み、函館市の吉田成那ちゃん(2)が意識不明の重体、このほか4歳の男の子2人がけがをしました。  イベントを主催した新千歳モーターランド・九谷田聡さん:「通常はアクセルを離してブレーキを踏んで減速しないといけない場面なんですが、アクセルを踏みっぱなしになっていたという状況ですね。(女の子は)なんかもう混乱していたという状況で、なんとか止めようとして必死に努力したんですが止められずに、という状況です」。

引用:Yahoo

 

北海道の森町でゴーカートが暴走し、2歳の男の子が意識不明の重体となっていましたが、警察は19日、意識不明となっていた2歳の男の子が死亡したと発表しました。

18日の正午前、森町のイベント会場で、11歳の女の子運転していたカートがコース外にいた1歳から4歳の子供も4人と大人1人グループに突っ込みました。

 

この事故で、吉田成那ちゃん(2)頭から血を流し病院に運ばれ意識不明の重体となっていましたが、きょう午前、死亡が確認されたということです。

警察は、事故当時の安全管理が適切だったのかやイベント状況はどんな感じだったのかの当時の状況を調べています。

 

暴走カート!アクセルを踏みっぱなしに…「必死に止めようとしたが止められず」

事故のあったイベント会場

北海道・森町のイベント会場で11歳の女の子が運転していたゴーカートが子どもたちのグループに突っ込んだ事故で、警察は19日、意識不明となっていた2歳の男の子が死亡したと発表しました。引用:Yahoo

 

イベントを主催した新千歳モーターランド・九谷田聡さん

「通常はアクセルを離してブレーキを踏んで減速しないといけない場面なんですが、アクセルを踏みっぱなしになっていたという状況ですね。(女の子は)なんかもう混乱していたという状況で、なんとか止めようとして必死に努力したんですが止められずに、という状況です」。

 

森町赤井川の宿泊施設「グリーンピア大沼」の敷地内で開かれていたモータースポーツの体験イベントで、11歳の女児が運転していたカートがコースから外れ見物人らの列に突っ込んだ

 

コース外にいた1〜4歳の男児3人が

病院に搬送され、このうちの函館市赤川1、吉田成那ちゃん(2)が意識不明の重体。4歳男児が頭に軽症、もう1人の子供は怪我はなかった。

カートを運転していた女児も怪我はなし。

追記 2歳男児の死因は脳挫傷と判明

18日、北海道森町で開かれたイベントで、ゴーカート(レーシングカート)が見物客に突っ込み、2歳の男児が死亡した事故で、警察は、20日、男児の死因が脳挫傷であることを明らかにしました。

引用:Yahoo

警察は、20日に成那ちゃんの死因が脳挫傷だったことを明らかにした。

また、警察は20日午後3時から雨で中断した現場の実況見分を再開し、事故当時の状況を調べました。

事故発生後に現地で、レーシングカートの運転を指導していた新千歳モーターランドの九谷田聡専務によれば、女児が運転していたレーシングカートは1周200メートルのコースを周回した後、右に曲がってピットインするはずでしたが、そのまま真っすぐ走り事故となりました。

 

女児がピットインする前に横にいた九谷田専務は、

「スピードを落としなさいという指示をしたが、パニックに陥っている状況で、なんとか強制的に止めようと試みたが、(アクセル)全開だったので…」

と話し、..

アクセルを踏みこんだ状態が2歳男児ラノ率いるエリアに突進したことを証言しています。

 

事故現場の様子と場所を紹介

【北海道森町】

森町赤井川の宿泊施設「グリーンピア大沼」

グリーンピア大沼の敷地内で開かれたモータースポーツの体験イベントだったとのことです。

森署によると、イベントは函館の自動車販売店が主催。女児が運転するカートは直線コースを走り、カーブに差しかかったところでコースを外れ、約10メートル先で見物していた男児らをはねた。

搬送当時、成那ちゃんは頭から出血していたという。

ゴーカートは4輪で一人乗り用右回りのコースを走っていた。

見物客とコースの間には仕切りカラーコーンやバーが設置されていた。

事故当時、雨が降っていてコースの路面は濡れた状態だったという。

警察は、イベント会場の安全対策は十分だったのかなどついて調べている。

追記

出典:事故が起こった特設コース(新千歳モーターランド)(北海道放送(株))

警察の現場の調査によれば、事故当時、2歳男児らがいた場所は、三角コーンを棒にして、仕切りを作っていたが、客を防護するようなブロック型のクッションなどはありませんでした。

警察は、会場の設営についての安全対策に問題がなかったのか、業務上過失致死傷の疑いで捜査を進めています。

出典:事故が起こった特設コース(新千歳モーターランド)(北海道放送(株))

 Twitterコメント

ゴーカート まとめ

今回の記事のまとめ

・吉田成那ちゃん(2)が意識不明の重体!アクセル全開で子供グーループの集団に突っ込む!?

・暴走ゴーカート!アクセルを踏みっぱなしに…「必死に止めようとしたが止められず」

・事故現場の様子と場所を紹介

・ Twitterコメント

今回取り上げた事故については、この4つのテーマでお伝えしてきました。

2歳児の男児意識不明の重体の状態から死亡したとの確認が取れたというのが今回の警察の調べで、わかりました。

事故内容は、雨で濡れた路面でゴーカート11歳の女児が運転していたところ、運転を誤って子供グループのいるところに突っ込んだということです。

事故の再発が無いように再発防止の対策を徹底してもらいたいですね。

関連記事

大崎 剛泰容疑者(43)ゴミの分別で口論となった男性陣の車を叩き壊した!クリーンセンター職員逮捕!?
ゴミの分別をめぐり、口論となった男性の車の枠で叩き壊したとして、天草市のクリーンセンター職員が逮捕されました。 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、牛深クリーンセンターに勤務する大崎 剛泰(おおさき たかやす)容疑者(43)です。
CBD公式
日々の不安を取り除き、ストレスを緩和させ、より良いライフスタイルへ【smile CBD公式サイト】

20~50代の社会人で日々の生活にストレスを抱いている人達へ心と身体の疲れを癒すメッセージです。

この商品を購入して、日々のストレスにも緩和を与えまっしょう。
これから紹介するCBDには、8種類の天然由来の植物エキスを配合しているため爽やかな香り爽やかな香りでダメージを受けた肌に潤いを与えるから自分自身だけのリラックスタイムを取り入れる事ができます。

そして、なんといっても消費者の安全第一を考えた商品設計。日本の法律に遵って、産業用大麻(Hemp)の茎と種子のみから抽出したCBDを使用。

さらに、成分・規制物質についてはバッチ毎で検査を実施しております。CBDが苦手と感じている人にもオススメ。

高級なお菓子を連想させるパッケージデザインで人目も気にならない。

京都の飴職人が手掛ける米国産高品質CBD配合のキャンディが、忙しく、ストレスがあるそこのあなたの毎日に肌の潤いと爽やかな香りでリラックスを与える。

サイトを作成するなら【Xserverドメイン】
社会
tanakaminoru0213をフォローする
MEDIA LIFE

コメント