スポンサーリンク

日本資本主義の父 渋沢栄一 新紙幣印刷 世界初「3Dホログラム導入」

テクノロジー

 

日本資本主義の父」 渋沢栄一が新紙幣となり、9月1日から印刷が国立印刷局にて開始されました。

引用:https://images.app.goo.gl

この記事では、・新紙幣印刷・世界 導入「3Dホログラム」・偽造防止・最先端技術の導入・実業家「渋沢栄一実業人生の歴史を総まとめしました。

日本資本主義の父 渋沢栄一 新紙幣1日から国立印刷局にて印刷開始

2021年9月1日から国立印刷局にて印刷を開始。新しいデザインの一万円札は2024年度上半期に発行する予定。

そこには、日本の「日本資本主義の父」と呼ばれている渋沢栄一が新紙幣として印刷されている。新紙幣は、とても今の時代にあったユニークなデザインとなっている。

デザインは日本資本主義の父や近代経済の父などと様々な由縁で親しまれている渋沢栄一が表のデザインとなっており、裏には東京駅の駅舎が描かれていてその時代の象徴を描いてあるようなデザインに仕上がっている。

世界初「3Dホログラム」導入、日本の最先端技術3Dホログラムとは?

 新紙幣の1万円札には今世界の導入 「3Dホログラム」技術を採用している。

新紙幣には日本資本主義の父渋沢栄一が印刷され、日本経済象徴を表している。

そして今回の新紙幣は、今現在の紙幣よりも数字がより見やすくなっている。また今回の新紙幣は、何よりも世界初の「3Dホログラム」を使用している。これは日本の最先端技術を採用して作られた紙幣になっている。都内の国立印刷局の工場で1日に新紙幣として印刷を開始。

日本の最先端技術3Dホログラムとは?

3Dホログラム」これは世界初の導入となった。なぜならこれは日本の最先端技術を屈指して作られたものだからだ。

3Dホログラム一初見の初めて耳にする初耳の人もいると思うので、ここで説明します。ここで言う新紙幣に使用している「3Dホログラム」とは、紙幣を斜めに傾ける肖像立体的に動いて見えるような技術を導入されております。

さらに今までの紙幣にも入れてあった「すかし」も導入さされていて、これまでのように肖像を映し出すだけではなく、紙の厚みを微細に変えて高精細な模様も施してあります。

すかし(紙を明るいところにすかして見ると見える模様文字のこと。)

3Dホログラム特徴

物体が目の前にあるかのように、「立体的な映像を映し出す」技術のことです。3D映像を何もない空間に投影し、まるで本物が目の前にあるかのように見せます。一般的な3D映像では、「正面」からしか映像が立体的に見えませんが、3Dホログラムでは「側面や背面」からも、本物同様に立体的な映像を見ることが可能です。

3Dメガネは不要で、誰でも肉眼で立体映像が見られます。

引用:https://droots.inc

 

日本の最先端技術で偽造防止を狙う

今回の新紙幣は、日本の最先端技術の「3Dホログラム」を使用することで日本政府は偽造防止を狙った紙幣の開発に成功した。これのおかげで今後さらに偽造紙幣の流出は減少する方向に向かう。

また、新しい紙幣は、目に障害を持った人などに紙幣の種類の区別をしやすくするためお札に凹凸を付けている。さらに「10000」という数字を大きくすることによってい視力の弱い人や漢字を読めない海外の人でも分かりやすく、見やすく今の時代にあった最先端グローバルな新紙幣に進化した。

これにより日本の紙幣は、世界トップクラス偽造防止紙幣となった。

財務大臣 麻生副総理も信用性と出来栄えに自負

あの日本国内の財務大臣を務める麻生財務大臣が工場の式典に出席された際に麻生財務大臣は「最先端の偽造防止技術駆使しており、誰もが使いやすいデザインにもなっていて今の時代にふさわしい紙幣だと自負している」と述べた。

そこには世界でもトップクラスの偽造防止技術を駆使している日本の最先端技術の表明と信用性もトップであるという自信も垣間見えた。

国立印刷局にて1日に印刷を開始、工場の記念式典に財務大臣 麻生大臣参加

都内の国立印刷局にて1日に印刷局内の工場で記念式典が開催され、記念式典に麻生副総理兼財務大臣が出席され、新紙幣印刷のボタン押し新紙幣の印刷スタートしました。

日本資本主義の第一人者 渋沢栄一の歴史

日本の資本主義を産んだ「日本資本主義の父」 渋沢栄一

西暦1840年3月16日 – 1931年11月11日 日本の資本主義を産んだ渋沢栄一は、日本の豪農、武士(一橋徳川家家臣幕臣)、官僚、実業家、慈善家、華族、財界指導者などなど各界の色んなところで活躍なられた人物。

江戸時代末期に農民から武士へ取り立てられる。(名主身分)ー(幕臣)名主とは、領主へ年貢を納める責務を担った階層である。そこから一橋徳川家家臣になり、大政奉還の終了後パリにいた渋沢栄一は日本へ帰国し、駿府城に謹慎していた徳川慶喜と面会し「これからは、お前の道を行きなさい」と命じられた後、、静岡に留まり静岡藩に出仕した。

明治時代に政府では、民部省を経て直属の上司である大蔵大輔・井上馨の下で大蔵少輔・吉田清成らと共に造幣・戸籍・出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。

その後大蔵省を辞職した渋沢栄一は、明治政府時代で一緒に活躍した井上馨と共に実業界の道に進んだ!

渋沢栄一が携わった事業の数々

約500実業を立ち上げた実業家として渋沢栄一の功績
約500もの会社のその中でも最も有名であろういくつかの企業をまとめさせていただきました。

金融

日本銀行、日本興業銀行、三井銀行、東京海上火災保険

交通・通信

日本郵船、日本航空輸送、日本無線電信

商工業

王子製紙、東京石川島造船所、秩父セメント、渋沢倉庫、理化学研究所、帝国ホテル

ライフライン

東京瓦斯(東京ガス)、大阪瓦斯(大阪ガス)、名古屋瓦斯(東邦ガス)、東京電力

取引所

東京株式取引所、大阪株式取引所

大河ドラマ「青天を衝け」NHKドラマも絶賛公開中

第60作 NHK 大河ドラマの「青天を衝け」も2021年2月14日放送スタート

若き心で挑戦を続けた日本を代表する日本資本主義の父・渋沢栄一生涯を描きます。

  1. 官尊民卑の世は、承服できん! 百姓からの脱却を決意。
  2. 目指せ、攘夷の志士! ところが計画中止、追われる身へ……。
  3. 心ならずも幕臣に。パリ行きが人生を開く!
  4. まさかの新政府入りで、続々改革。33歳でいよいよ民間へ。

1〜4のような展開で物語が進んでいく。

大河ドラマとしては珍しい江戸時代明治時代二つの時代を描いた物語はとても名作になっています。

新紙幣 渋沢栄一まとめ

2021年の9月1日に新紙幣の1万円札が国立印刷局にて印刷され、世界の「3Dホログラム」を採用した1万円札が2024年度上半期に発行される予定です。

これは世界初の快挙で2024年度に発行予定の新紙幣は日本最先端技術を利用した最先端偽造防止紙幣となった。

コメント