スポンサーリンク

「日本への津波の影響なし」パプアニューギニアの火山で大規模噴火 気象庁が発表

イベント

パプアニューギニアの火山で大規模噴火が発生しました。気象庁の発表によると、「日本への津波の影響はなし」だということです。日本時間のきのう(8日)夜、南太平洋のパプアニューギニアにある火山大規模噴火が発生し、気象庁は日本に津波があるかどうかを調査していましたが、(9日)午前2時に発表がありました。

【速報】「日本への津波の影響なし」パプアニューギニアの火山で大規模噴火 気象庁が発表

ニュース映像

 

 

日本時間のきのう(8日)夜、南太平洋のパプアニューギニアにある火山で大規模噴火が発生し、気象庁は日本に津波があるかどうかを調査していましたが、先ほど(9日)午前2時に「日本への津波の影響はない」と発表しました。 日本時間のきのう午後6時50分ごろ、南太平洋のパプアニューギニアのニューギニア北岸にあるマナム火山で大規模な噴火が発生しました。 オーストラリアのダーウィン航空路火山灰情報センターによりますと、噴煙は、およそ1万5000メートルの高さに達したということです。 気象庁は、この噴火に伴い日本に津波があるかどうかをきのうの夜から調査していましたが、先ほど(9日)午前2時、「日本への津波の影響はない」と発表しました。 これまでのところ、現地と日本との間にある津波観測点でも、気になる潮位の変化などは観測されていないということです。 (09日02:14)

引用:Yahoohttps://news.yahoo.co.jp/

パプアニューギニアの火山で大規模噴火が発生しました。気象庁の発表によると、「日本への津波の影響はなし」だということです。

 

日本時間のきのう(8日)夜、南太平洋パプアニューギニアにある火山大規模噴火が発生し、気象庁は日本に津波があるかどうかを調査していましたが、(9日)午前2時日本への影響はないと正式に発表がありました。

 

噴火による噴煙は1万5000メートル高さまで到達したとのことで、これによる地震や津波の影響が懸念されましたが、特に問題はなく、現地と日本との間にある津波観測点でも、気になる潮位の変化などは観測されていないということです。

ですから、油断は禁物ですが、安心して過ごせる1日となりそうです。

追記 パプアニューギニア火山噴火 情報発表「当面の方策で対応できた」

 パプアニューギニア火山噴火に伴う情報発表 気象庁長官「当面の方策で対応できた」ということで、気象庁からの情報発表がありました。

日本時間の今月8日夜、パプアニューギニアのマナム火山で大規模噴火が発生したことに伴い、気象庁は日本に津波の影響があるかどうか調査を始めたことを発表したほか、海外や国内の観測点で気になる潮位の変化などが観測されていないことを確認。

そのうえで、9日未明に「日本への津波の影響はない」と発表しました。

今年1月に発生したトンガ諸島の海底火山の大規模噴火では、気象庁がいったん「津波による被害の心配はない」と発表したものの、その後、日本では太平洋岸を中心に潮位の変化が観測され、北海道から沖縄にかけて津波警報や津波注意報を発表する事態となりました。

気象庁の長谷川直之長官は、きょう行われた定例記者会見で、今回の対応について「当面の方策としてやろうと決めたことをやった。特段新たな課題となるようなことはなかったと思う」と述べ、問題なく対応できたとの認識を示しました。

噴火した火山の場所と現地の様子

南太平洋のパプアニューギニアにあるマナム火山

パプアニューギニアにあるマナム火山が大規模噴火したとのことです。

 

噴火による日本の津波の影響はなしとの発表が今朝方に出ております。

マナム火山の様子

上空からの写真です

噴火の様子を捉えた写真

衛生写真

Twitterコメント

まとめ

今回の記事のまとめ

・【速報】「日本への津波の影響なし」パプアニューギニアの火山で大規模噴火 気象庁が発表

・噴火した火山の場所と現地の様子

・Twitterコメント

パプアニューギニアでの大規模噴火が今日の今朝方(9日 午前2時)に起きましたが、いずれも「日本に津波の影響はない」と気象庁の調べにより発表がされています。なので、津波の心配はあまり内容ですが、現実は何が起こるかはわからないので、「備えあれば憂なし」というがあるくらいなのでいつでも避難はできる備えだけはしておきましょう。

コメント