スポンサーリンク

NFTの謎解き明かす!コカ•コーラなどの大企業もNFT市場に参加!

テクノロジー

今現在ネコのGIF画像やtwitterの創業者ジャックドーシーのツウィートに数千万数億円などの値がつくなどと今や異常なほどの盛り上がりを見せているNFT市場!。この盛り上がりに乗じてコカ・コーラやニューヨーク・タイムズなどの大企業NFT市場に乗り出す意向を示している。

このNFT市場の盛り上がりの秘密を今回は探ってみるとしよう!!

 

photo

引用:https://www.sbbit.jp/

 NFT市場の世界!異常な盛り上がり見せる謎とは!?

最近では、NFTという市場が大変盛り上がっている。

そもそも『NFT』とは、なんだろうか?そこらへんに疑問を持つものが大変多いだろう。そこでNFTを説明すると「Non Fungible Token代替不可能なトークン)」の頭文字のことだ。

ブロックチェーン技術を活用した、デジタルアートやコンテンツを代替不可能なトークンを付与することにより、そのデジタルアートやコンテンツが本物と保証されてるプロセスである。

 

デジタルコンテンツは、無限にコピーが出来るがNFT市場にそのデータを持ち込むことによりNFTがデジタルコンテンツに付与されることで「オリジナルコンテンツ」として生まれ変わり、そこには本物としての唯一無の価値が生まれる。

 

そこで、今話題となっているのは、米国が中心となってNFTにまつわる話題が流行りメデイアのパイプが繋がって市場に出回っていることで、さらにそれが架け橋となり話題になっている。

デジタルアートやコンテンツの画像や動画自体にNFTを付与し、そのオリジナルコンテンツオークションに出すことで、かなり高額の高値で落札されることが、今とても話題となっている。

ネコのGIF画像と創業者ツウィートに数千万、数億円の価値がつく

一つの事例としては「ニャン・キャット」である。

ニャン・キャットとは、2011年にYouTubeに公開された大人気アニメーション動画である。コンテンツテーマは虹を発しながら宇宙を飛ぶネコをテーマにした物語である。

YouTubeでは現在までに1億9千万回再生されていて、このニャン・キャットのオリジナルコンテンツGIF画像58万ドル(約6400万円)という価値がついた。

その他にもtwitterの創設者のジャック・ドーシー氏のツウィートに250万ドル(2億7600万円)という高値がつくなど、今メデイアでは話題沸騰です。

画像

出典:OpenSeaより

そこから僕ら一般人目線で見たところNFTという市場でどういった市場価値のあるオリジナルコンテンツが繰り出せるか!どうか!が今後のとなる。

NFT市場世界のまとめ

 

これらのNFTは、いくつかのNFT市場であるマーケットプレイスで取引されている。

なのでマーケットプレイスに登録をしてブロックチェーンのウオレットさえ作ることができれば誰でもNFT市場に参加できることがわかった。NFT市場に参加できれば一般人に人でも新たな可能性を導き出せるかもしれないということだ。

今回のNFT市場世界のまとめ

・NFT市場の世界!異常な盛り上がり見せる謎とは!?

・ネコのGIF画像と創業者ツウィートに数千万、数億円の価値がつく

・マーケットプライスでのNFT市場の参入

この3つの話題をテーマにお伝えしました。

MFTという新たな市場で、どのような形で参加するか、それとも新たな市場を求めて大企業も参入し新しいビジネスを築き上げることができるのか!と面白い話題が尽きない昨今になりそうですね!

今後に期待です。

 

コメント