美川憲一「最高年収25億円」説に言及 全盛期の営業ギャラは1000万円「それがザラだったの」

エンタメ

歌手、美川憲一(76)が5日、ABEMA「7.2 新しい別の窓」(後3・00)に生出演。全盛期の収入を明かし、共演者のド肝を抜いた. 。「今だから話せる芸能界豪快伝説」として、美川に関する情報が紹介され、「最高年収25億円」の項目が。

美川憲一「最高年収25億円」全盛期の営業ギャラは1000万円

今だから話せる芸能界豪快伝説」として、美川に関する情報が紹介され、「最高年収25億円」の項目が。美川は「これはあれよ、事務所が儲かったのよ。売り上げ、年間のね」と打ち明けた。今から「30年経たないくらい前のこと」だったという。

年間200日以上、「営業」でステージに上がっていたとし、「ギャラがその当時、ブレークしたちょうどその時だから。

800万円で(美川の)スケジュールが取れないから、1000万円でみんな買いたくて。それがザラだったの」と話した。

3000万円の毛皮のコートを「現金」で購入することもあったと告白。キャバレーのワンステージで、「おひねり」がザルの中に「50万円」入っていたこともあり、「バンドさんに2万ずつ、裏方さんに1万円ずつ配ったりとか」と懐かしんだ。「1000万円は、大きめのバッグに入るわよ」と付け加え、「時代ね~」と話していた。

株式会社ベルタ
ミルクで洗う泡立てない全身ソープ【ベルタベビーソープ】定期便申し込みの詳細を紹介

ミルクで洗う!?うるおいバリアで、乾燥をしっかりブロック!
赤ちゃん肌の負担にとことんこだわったうるおいの全身洗浄料

洗いすぎない、乾燥させない
ミルクで洗う、泡立てないベビーソープ
濃厚ミルクをサッとひろげて、シャワーで洗い流すだけ
ミルクの内側の微細な泡が汚れをしっかり包んでやさしく洗う

3種のボタニカルオイルを贅沢に配合

【ベルタのこだわり】
ミルクで洗う泡立てない全身ソープ。
赤ちゃんの肌への負担に着目し、洗いすぎないことにとことんこだわりました。

・赤ちゃんの肌は、皮膚の厚さが大人の約1/2しかなく、1年を通し水分量、NMF(天然保湿因子)量、
 皮脂量がいずれも著しく低いため、乾燥して外からの刺激を受けやすい状態にあります。
 本製品は、「カサカサ乾燥しやすい赤ちゃんの肌」のための全身洗浄料です。

・乾燥の根本原因と考えられる「バリア機能の低下」に着目。外部刺激から肌を守り、
 高い皮膚バリア機能を発揮、乾燥によって起こる様々な肌悩みを防ぎます。

・うるおい保持と洗浄力を兼ね備え、ミルククリームのようなテクスチャーで、
 しっとりすべすべに洗いあげます。
 ミルクの内側の微細な泡が、肌に必要な皮脂やうるおいを守りながら、汚れを包みこんで洗い落とします。
 皮膚への刺激を最小限に抑えることを大切に考えた、洗いすぎないモイスチャーキープ処方を採用しています。

・皮脂に近い刺激レスの3種のボタニカルオイル配合で、
 乾燥した肌にダイレクトにはたらきかける有用成分をふんだんに配合。
 デリケートな肌をしっかりケアする処方設計です。

ホホバ種子油:皮脂のバランスを整える
オリーブ果実油:水分蒸散を防ぎ肌を柔らかく保つ
コメヌカ油:リノール酸を多く含み、外部刺激から肌を守りバリア機能を整える

平日17時までのご注文は当日発送!
ベルタベビーソープ初回特別価格75%OFF
3,900円(+送料600円)⇨980円(送料無料)、(税込価格1078円)

お得な定期便もあります!試してみる!

サイトを作成するなら【Xserverドメイン】
美顔器
女優アイテム!日本の特許技術で開発され、世界が驚いた最新美容マシン

顔垂れ、小顔効果、シワやシミについてお悩みの昔の綺麗だった肌を取り戻したいそこのあなた!
日本の特許技術で開発され、なんと世界21カ国で採用となりました。

なぜそんなに世界が注目したのか?

それはこれまでの美顔器では考えられない、
驚くべき効果データが次々と出てきたからです。
専門機関の臨床試験で
「美容成分の浸透率が14倍に跳ね上がり」
「肌内部のコラーゲンが4.5倍にも増え」
「シワの深さが5.4%も改善された」という驚きのデータを叩き出しました。

他の美容機器や化粧品でこれだけの効果データを出しているのはまず見当たりません。
秘密は「複合高周波」という、最新の高周波美容をさらに効果的にパワーアップさせた特許技術。

大注目の日本製美顔器【ルクセアヴィサージュS】5年間の品質保証が無料で付いてくるので、長く安心してお使いいただけます。

モデル・女優の佐田真由美さんもルクセアの大ファンで、
使うたびにその効果に驚いているといいます。

サイトを作成するなら【Xserverドメイン】
エンタメ生活
tanakaminoru0213をフォローする
MEDIA LIFE

コメント