スポンサーリンク

美川憲一「最高年収25億円」説に言及 全盛期の営業ギャラは1000万円「それがザラだったの」

エンタメ

歌手、美川憲一(76)が5日、ABEMA「7.2 新しい別の窓」(後3・00)に生出演。全盛期の収入を明かし、共演者のド肝を抜いた. 。「今だから話せる芸能界豪快伝説」として、美川に関する情報が紹介され、「最高年収25億円」の項目が。

美川憲一「最高年収25億円」全盛期の営業ギャラは1000万円

今だから話せる芸能界豪快伝説」として、美川に関する情報が紹介され、「最高年収25億円」の項目が。美川は「これはあれよ、事務所が儲かったのよ。売り上げ、年間のね」と打ち明けた。今から「30年経たないくらい前のこと」だったという。

年間200日以上、「営業」でステージに上がっていたとし、「ギャラがその当時、ブレークしたちょうどその時だから。

800万円で(美川の)スケジュールが取れないから、1000万円でみんな買いたくて。それがザラだったの」と話した。

3000万円の毛皮のコートを「現金」で購入することもあったと告白。キャバレーのワンステージで、「おひねり」がザルの中に「50万円」入っていたこともあり、「バンドさんに2万ずつ、裏方さんに1万円ずつ配ったりとか」と懐かしんだ。「1000万円は、大きめのバッグに入るわよ」と付け加え、「時代ね~」と話していた。

コメント