スポンサーリンク

小林陵侑(25) ラージヒルスキージャンプ銀メダル獲得!?〇〇〇メートル記録

スポーツ

ノーマルヒルで金メダルを獲得した小林陵侑(25)。ラージヒル予選11日では、9位の128メートル(121.3ポイント)を飛びました。

明日もビッグジャンプを見せられたらいいと思います」という12日の決勝で個人戦2冠を狙い、14日は団体戦のメダル獲得に挑む。

小林陵侑(25) ラージヒルスキージャンプ金メダル獲得!?

個人金メダルの二冠を狙う小林陵侑。個人戦で二冠の金メダル独占を挑む。

そこで、小林陵侑の金メダル独占を阻むものは、日本人潰しだ。そこで懸念されるているのは「小林潰し」だ。1998年の五輪で、船木和喜が個人のラージとノーマルで金・銀を獲得。

そして続いて原田雅彦がラージ銅、団体も金を取り、日本勢の強さを見せつけた。その後スキージャンプの連盟が規定改定を行い、スキー板の長さやスーツの仕様が変更され、日本人に不利となるような形となり、これが「日本潰し」といわれた。

ちなみに、ノルディック複合も、ジャンプが強い日本勢は90年代に五輪の団体連覇や荻原健司のW杯個人総合3連覇などが嫌われ、ルール変更となった。

なので小林陵侑潰しの可能性も今後あるかもしれないということだ。しかし、今回の五輪では日本人の中では小林陵侑一人勝ちが目立つことなので、今回のスキージャンプ規定改定は特にないと思われる。

それではなぜ?こう言った日本人に否定的な、スキージャンプ規定改定が行われたのかというと、スキージャンプ本場の欧州では、やはり大会会場に向かう列車やバスでドイツ人とオーストリア人のファンがビールを飲みながら『強いのは俺の国だ』と言って、ケンカをするくらい熱狂的なファンがいる。

そのくらい熱狂的な欧州ファンがいる中で、日本人が強くてメダルを総取りするとやはり面白くないと思う人がかなりたくさん出てくるからである。

ましてやスキージャンプのメーカーやスポンサーも欧州が多い中で行われる大会なので、大会のチケット収入やテレビのスポンサーなどにも影響が出ますから、国際連盟もルール変更に動いたのです。

小林陵侑 決勝一回目ジャンプは142メートルを記録した!トップ

小林陵侑の1回目のジャンプは142メートルを飛んでトップ通過をした。

ジャンプを飛んだ瞬間は、少し踏切に遅れた感が若干ありましたが、その後、空中の中で身体をうまくコントロールし、安定感をました上で、テレマーク姿勢を着地後にしっかりキープし完璧なジャンプを記録した。

ジャンプ着地後を叩くガッツポーズ姿がとても印象的な姿であった。

決勝1回目のジャンプ終了後のインタビューでは「まあ、もう一本あるので集中したいと思います。」と言い放ってインタビューを終えた後、次のジャンプに備えて、すぐに気持ちを切り替えた感じの雰囲気を纏って待機場に向かっていった。

決勝2回目のジャンプ結果はいかに!?

小林陵侑の決勝2回目のジャンプは138メートルで2位となり、銀メダル獲得という結果になりました。

なので結果は銀メダルとなりました。調子的には抜群のコンデイションだったと思われますが、2回目のジャンプでは、最後のもう一とのびが足りず、140メートルに届きませんでした。

金メダルをものすごく期待していた分とても残念な結果とはなりましたが、138メートルで銀メダルもなかな大したものだと思われます。

とても素晴らしいジャンプでいい結果になったのではないかと思われます。

インタビューでは、「下の歓声が、あり緊張しましたね。多少2回目のジャンプでは空中でバランスを崩してしまった」ということでした。

「前回オリンピックから、成長した4年間になり飛べました。」とインタビューを語っていた。

 

Twitterコメント

 

まとめ

今回の記事のまとめ

・小林陵侑(25) ラージヒルスキージャンプ金メダル獲得!?

・小林陵侑 決勝一回目ジャンプは142メートルを記録した!トップ

・Twitterコメント

小林陵侑の日本人の実力を表すことが出来るのか!という勝負になってきました。決勝1回目では142メートルと完璧な記録を叩き出した。トップ通過で金メダルを獲得できるのか!

コメント