スポンサーリンク

仕事で有効活用!!心が伝わる会話術「だから、この人とウマが合う!」

ビジネス

何が相手の「心を動かす」のか?成功するための”人間関係のちょっとしたコツ”をテーマに据えてお話していきたいと思う。人間関係の基本は、「自分が相手の立場だったら….]と言うことを常に考えて行動を取り、自分の都合だけではなく、まずは、「相手のことを思う...」と言うことが人間関係を作る上での基本だ。

そして自分が「嫌だな」って思うことは人に対してやらない。これも人間関係の基本であるが、まさに「いうは易く行うは難い」と言う言葉がぴったりである。それが出来るようになるためには、日常の中で日々鍛錬をつんでいくしか方法はない。

そんな鍛錬を積む中で、誰でも意識をすれば出来る『心が伝わる会話術3選』を今回はこの記事を読んでいるあなたにお伝えしようと思う。そしてこの記事を最後まで読むと人間関係のコツや相手の心を動かす言葉だったり、信頼される人間として生きることができるようになります。なので最後まで読んでくれると幸いです。

心が伝わる会話術!「なるほど」の言葉が持つ”意外な効果”

以前私の友人でマーケティングと営業の仕事に携わる人がいました。その友人は、年配の大物には常に可愛がられている存在でした。

その人の仕事は、新しい企画を立てては売り込み、そして全く新しいものだけに、最終的には企業のトップに会う機会があるので、そこで必ず目をかけてもらうことが多かったのだ。

彼は人が何か言った時は、必ず耳を傾けた上で、「なるほど」と声に出して、大きくうなずくのである。

「なるほど」と言う言葉には相手の言うことが正しいと認め、それに賛同の意を表すものになる。

それと、話している相手が正しい知識や優れた見識に対して、尊敬の念や感心する風情も表現する。それに対して他の人は、「どうなのか?」というと、偉い人の言うことであるから、いずれにしても拝聴し、その通りにしなくてはならないと初めから考えてしまっている。

しかし、彼の場合は違った。

一人の人間が、言うこととして、先入観を持たずに聞き、十分納得した姿勢を示している。そして感心したと言う心情を込めて「なるほど」と言うのだ。こうすることで、大物の人物にとっては、「可愛げのある」「愛いやつ」ということになる。

 

どんな人の場合でも、いつかは正しいことを必ず言う。このこと肝に銘じ、その時がくれば、率直に「なるほど」と言うことである。この言葉が言えるかどうかは、いつも広く平らなっ心で人と接しているかどうかで決まる。

ここで一番重要なことを話すが、人の話を聞く時は、身分や肩書きという鎧を纏った「」を聞くのではなく、人間の「」聞くと言う姿勢がとても大事だ。

「絶対にしてはいけない」スマホの電話の使い方!

 

絶対にしてはいけない」スマホの使い方ということだが、結論から話すとこういうことになる。

結論 「対面で重要な話をしている時は、スマホや携帯電話がならないように電源を切れ」ということだ!

なぜなら対面の相手が本気の話をしているときに電話がなると、話の腰を折られるので気がちって本気で考える気がうすまってしまうからだ。もしあなたがビジネスマンであるならば、この行為は本当に避けた方が良い結果が生まれるようになるだろう。

 

こらは私の経験談の話だが、仕事中にどうしても会って相談したいと言われた時に、なんとかスケジュールを調整して会う約束をした。そして実際に彼と会って話をしたが、その話の内容はたった2分たらずで話うが終わってしまったが、その間、わずか2分の短い間であったが彼のスマホに電話が2回も掛かってきた。その度に、人を訪ねて話をしている最中だから後で電話すると言って切るのだが、せっかくの話も中断される。

そうなってしまっては、こちらも、一生懸命に話に耳を傾け適切な助言はできなくとも、推進策について助言をしようとしても、話の腰をおられるので本気で考える気力を失うことになる。

この話で重要なのは、とても大切な話をするときは、スマホもしくは携帯電話を持っているなら、そのスイッチを切るか、音が鳴らないような設定をしておくべきということだ。

ですから私が言いたいのは、人と話している時、その人との話に集中しようと思ったら、とにかく携帯電話がならないようにする。そして目の前にいる人に対して、話の内容はともあれ全身全霊でぶつかっていくような熱意心構えが必要である。

そうすることで、自然と一つ一つの出会いが自分にとって有意義なものとなり、結果に結びつくことがあるのだ。

褒められた時のリアクションは!どうしてる?

 

あなたはもし、褒められた時はどんなリアクションをして対応していますか?

私自身が思う鉄則を話すと、ものであれ、自分自身であれ、褒められたら、まずは「ありがとう」と言って率直に喜ぶのが鉄則である。

なんでも恥ずかしがって照れ隠しに否定したり、あまり目立った反応を示さなかったするのは、相手のせっかくの好意を蔑ろにする行為になってしまいます。

新しい服を着ていき、「カッコイイ服だね」と褒められた時、面映ゆく感じる。そのために相手の褒め言葉に対して「いやいや」などと言って否定すれば、相手が近寄ってこようとする気持ちに歯止めをかけることになる。

例えば、人が立派な業績だと言っていることを「大したことはない」と言ってしまっては、その程度の業績もない相手の人は、「何もしていない人」であると決めつけるのと同じである。その結果、自分の謙遜が高じて人をバカにする結果になる。

なのでいき過ぎた謙遜は、人のことを全く考えない、極めて利己的な行為になるのである。

最終的に結果何が言いたいのかというと、人が褒めてくれるときは、喜ばせようとする気であるから、即座に感謝を込めて気持ちを表明することが大事である。

会話術 まとめ

今回の話のテーマで伝えたことは、成功するための”人間関係のちょっとしたコ”ということで、仕事や生活で役に立つ会話術を話しました!

  • 心が伝わる会話術!「なるほど」の言葉が持つ”意外な効果”
  • 「絶対にしてはいけない」スマホの電話の使い方!
  • 褒められた時のリアクションは!どうしてる?

この記事のお本質的な内容を最後にお伝えすると、人に「」を持たせるのが上手な人のすることには失敗がない!ということです。その結果皆が真剣に協力してくれるので、いつも間違えなく最良の成果を上げる結果になるので是非皆さんも常に人へを持たそうすることを意識していきましょう。

コメント