スポンサーリンク

ジャスティン・ビーバー、来日 6年ぶりの公演が2022年11月に決定!!“Billboard 200”で1位に輝いた人気アルバムの『ジャスティス』で来日公演が開演する

エンタメ

ジャスティン・ビーバーが今年の2022年11月に日本へ来日。ジャスティン・ビーバーの日本公演は、6年ぶりの公演となる。米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で1位に輝いた最新アルバム『ジャスティス』を引っ提げたワールド・ツアーの日本公演を開催することが発表された。

エイベックス株式会社によるイベント開催 ジャスティン・ビーバー来日公演最新アルバム『ジャスティス』を引っ提げたワールド・ツアー

▼エイベックス株式会社のプレスリリース
ジャスティン・ビーバー「ジャスティス ワールドツアー」が日本上陸 エイベックスとAEG Presentsの共同事業「AEGX」が来日公演を実施
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000361.000002323.html

 

ジャスティン・ビーバーが今年の2022年11月に日本へ来日。ジャスティン・ビーバーの日本公演は、6年ぶりの公演となる。ジャスティン・ビーバーは、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で1位に輝いた最新アルバム『ジャスティス』を引っ提げたワールド・ツアーの日本公演を開催することが発表された。

 

待ちに待った待望の来日公演ドームツアーは、2022年11月9日にバンテリンドーム ナゴヤ、11月12日に京セラドーム大阪、11月16日と17日に東京ドームにて行われる。

ジャスティン・ビーバーのドームツアーは、2016年8月に幕張メッセで開催された【パーパス・ワールド・ツアー】以来、6年ぶり4度目で、3大ドーム・ツアーの開催は自身初となる。

待ちに待ったジャスティン・ビーバーのファンにとってこれは待望の3大ドームツアー企画であることは間違いないことでしょう。

 

【ジャスティス・ワールド・ツアー】 は、2022年から2023年にかけて、北米、南米、ヨーロッパ、英国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、アジア、中東を巡る、5大陸20か国以上、100公演を超える大規模なワールド・ツアーとなっている。

ジャスティンにとって、2016年から2017年にかけて270万人を動員した【パーパス・ワールド・ツアー】以来のワールド・ツアーとなる。

 

ジャスティン・ビーバーのコメント

「6年経ったなんて信じられませんが、世界で一番好きな場所のひとつである日本に戻ることができて本当に嬉しいです!地球上で最高のファンと素晴らしい夜を4日もシェアできることに感謝すると共に、今から興奮しています!」と意気込みを語っている。

【ジャスティス・ワールド・ツアー】の日本来日公演 概要

 

開催日時・場所
・2022年11月9日(水)バンテリンドーム ナゴヤ 開場:16:00 開演:18:30
・2022年11月12日(土)京セラドーム大阪 開場:15:30 開演:18:00
・2022年11月16日(水)17日(木)東京ドーム 開場:16:00 開演:18:30
※開場/開演時間は変更になる可能性がございます。
チケット料金
SS席 30,000円 / S席 15,000円 / 注釈付きU-20チケット 7,000円(全席指定・税込)
※別途VIP パッケージあり。詳細は、オフィシャルサイトをご確認ください。
※お一人様8枚まで <VIPパッケージは4枚まで>
※未就学児入場不可
Presented by AEG Presents Asia / AEGX / エイベックス・エンタテインメント株式会社
(東京のみ)Co-promoted byウドー音楽事務所

■来日公演オフィシャルサイト:https://justinbieberjapantour.com
■AEGXオフィシャルサイト:https://aegx.jp/
■AEGXに関するプレスリリース:https://avex.com/jp/ja/news/2021/AEGX/
※2021年3月1日(月)発表

ジャスティン・ビーバーのプロフィール

出生名 ジャスティン・ドリュー・ビーバー
生誕
出身地 カナダの旗 カナダ オンタリオ州ストラトフォード
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 2008年 –
レーベル
公式サイト ジャスティン・ビーバー 公式サイト

出典:ウィキペディア参照https://ja.wikipedia.org/

1994年3月1日、カナダ オンタリオ州ストラトフォード生まれ。独学でドラム、ギター、ピアノ、トランペットを習得したシンガー・ソングライター。12歳の頃にYouTubeにアップしたパフォーマンス映像が話題となりDef Jamと契約。2009年に全米デビュー後、2010年に発売されたシングル「ベイビー」が全米史上最高セールスを記録。1stアルバム『マイ・ワールズ』が全米アルバム・チャートで3週1位を獲得し、未成年の男性アーティストとして47年ぶりの大記録を達成。数々のミュージック・アワードを受賞するなど瞬く間にトップ・アーティストの座に駆け上がった。

2011年の2ndアルバム『アンダー・ザ・ミスルトゥ』をリリース。同年5月に初来日公演を大阪・ZEPP OSAKAと東京・日本武道館で開催。2012年の3rdアルバム『ビリーヴ』の他、2011年にリリースされた企画アルバム『ネヴァー・セイ・ネヴァー(リミックス)』、2013年の『ビリーヴ(アコースティック)』など、10代で発表した5作品が全米1位となる最年少記録を樹立した。2013年10月には2度目の来日公演を埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催、15,000人を動員。2016年8月に3度目の来日公演を千葉・幕張メッセで開催し、2日間で50,000人を動員。同年第58回グラミー賞で「ディプロ&スクリレックス/ホウェア・アー・ユー・ナウ with ジャスティン・ビーバー」が“最優秀ダンス・レコーディング賞”を獲得し、自身初のグラミー賞を受賞した。

2021年3月にリリースされた6thアルバム『ジャスティス』で全米アルバム・チャートで初登場1位を獲得。同時リリースされたシングル「ピーチズ」も全米シングル・チャート1位を獲得し、男性ソロアーティスト初の同時1位の快挙を達成。また、ザ・キッド・ラロイとコラボレーションした最新ヒットシングル「ステイ」も全米シングル・チャートで1位を獲得し、8ヵ月の間に2度の1位を記録した。

“21世紀のキング・オブ・ポップ”と称され、世界中で熱狂的な支持を受けている世界的スーパースターの1人。

引用:https://prtimes.jp/

Twitterコメント

まとめ

今回の記事のまとめ

エイベックス株式会社によるイベント開催 ジャスティン・ビーバー来日公演最新アルバム『ジャスティス』を引っ提げたワールド・ツアー

・【ジャスティス・ワールド・ツアー】の日本来日公演 概要

ジャスティン・ビーバー その他の画像・最新情報へ

・ジャスティン・ビーバーのプロフィール

Twitterコメント

ジャスティン・ビーバーの来日公演が6年ぶりに開催されるとのことです。日本のファンの方は、前回の日本公演が中止になったこともあり、さぞかし楽しみに待っていた方もいることでしょう。

今は世界的にウクライナ戦争のニュースで溢れる中、久々に嬉しいニュースとなりました。ジャスティン・ビーバーからすれば、日本公演ワールド・ツアーの中の一つなので、ウクライナ戦争やコロナで苦しんでいる世界の人々元気づける一つのプロジェクトなのだと思います。

コメント

  1. Elenazed より:

    Install the application and enjoy life: https://2track.info/gdQJ