スポーツ

エンタメ

両団体のエース❗️那須川天心vs武尊のドリームマッチ6月開催   『獅子神VS破壊神』

最強レベルの夢のドリームマッチがついに実現にこぎつけた二人。これには、二人のファンも大喜びなことでしょう。24日、RISE世界フェザー級王者那須川天心(23)とK-1スーパーフェザー級王者武尊(30)が待望の対戦が来年の6月に実現することになりました。
スポーツ

レベル違いすぎる試合❗️完全勝利を井上尚弥選手もぎ取る、連戦連勝!百戦錬磨の”モンスター”の異名

ボクシングWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手は14日の15時半過ぎ、タイのアラン・ディパエン選手と防衛戦を行い、8回2分34秒、レフェリーストップによるTKO勝利をおさめました。これでスーパー王者のWBAは6度目、IBFは4度目の防衛成功となりました。
スポーツ

「井上尚弥vs.アラン・ディパエン」の世界線は今日14日!PPV配信はボクシング界を変える

2団体王者・井上尚弥(大橋)がリミットの53.5キロ、挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)が53.3キロで、それぞれ一発クリアした。 井上尚弥(28)は本日14日に世界防衛戦がPPV配信にて行われる。ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチは14日、東京・両国国技館で行われる。(WBA6度目、IBF4度目)の防衛戦である。
スポーツ

「株式会社斎藤佑樹」”直球ストレート”を感じさせる社名に斎藤佑樹の「独り立ちするんだ」という思いが伝わる!!

今シーズン限りで現役引退を表明した斎藤佑樹投手は、Full-Count編集部のインタビューに応じ、「株式会社斎藤佑樹」を設立したと明かした。 インタビュー前編では、斎藤佑樹さんがプロ野球11年間の引退前の生活引退した後の新生活とでは、どのような違いがあったのか!を詳しくインタビューに答えている。 ご自身のインスタグラムでは、「株式会社斎藤佑樹」を立ち上げたことに対して、自身の決意と今後どうしていくかの表明を熱く語っている。
スポーツ

『NBA』創立75周年を記念して75人の偉大な選手達が選出される 第一弾として25人が選抜された!

 【NBA】創立75周年を記念して75人の偉大な選手を選出する創立75周年記念チームを作るための最初の25人のメンバーを発表した。発表は、10月19日(日本時間の20日)に発表され、2021ー22年シリーズの開幕に向けた創立75周年記念による創立記念チームだそうだ!最初の発表は25人でしが、これから3日連続で続々と25人ずつ発表されていく。
スポーツ

【ドラフト会議】2021年 事前公表の熱意届く!西武4球団競合から西日本工大・隅田知一郎の交渉権獲得

西日本工大の左腕・隅田知一郎(22)は、2021年大学No.1投手との評価を浴びていて、ドラフト会議で、西武、巨人、ヤクルト、広島の4球団の競合となり、西武が「交渉権確定」をドラフト会議のくじ引きで引き当てた。
スポーツ

引退発表の斎藤佑樹 1988年の佑ちゃん世代が語る斎藤佑樹の野球人生

1日に引退を発表した、日本ハムファイターズの斎藤佑樹(33)投手。斎藤佑樹投手番組の報道で今季限りで現役引退発表することを報じた。
スポーツ

ダルビッシュ有、7連敗脱出成功で今季8勝目!日本人歴代2位 大リーグ通算79勝

  ダルビッシュ有6回3安打 1失点、1四球7奪三振の好投で今季勝目を獲得。これにより日本人歴代2位の大リーグ通算79勝をマークした。大リーグ、パドレスに今季移籍したダルビッシュ有投手が現地時間 9月8日(日本時間9日)パドレスvsエンジェルス戦で勝ち投手となり今季勝目を挙げました。”後輩”の大谷翔平選手との初対決となる予想をしていたが初対決は実現しませんでした。
スポーツ

パラリンピック閉会式 「すべての違いが輝く街」の世界観を表現

パラリンピック閉会式が無事閉幕しました。そこでは「すべての違いが輝く街」の世界観が実際に表現してあり、障害者でも世の中活躍できることを選手たちが示したことで「人とは違いがうところがあったとしても、世の中色んなところで活躍ができる。」そんな世界観を示していた。