修学旅行の小学生を乗せたバスが正面衝突!5人が怪我した模様!現場の様子と動画ニュースを記載

社会

28日午前、奈良県斑鳩町で修学旅行の小学生30人が乗った観光バスが乗用車と正面衝突し、バスの運転手を含む5人がけがをしました。

午前10時ごろ、斑鳩町の県道で通行人から「車4台ぐらいが絡む事故です」と通報がありました。

修学旅行の小学生を乗せたバスが正面衝突!小学生5人が怪我した模様!?

28日午前、奈良県斑鳩町で修学旅行の小学生30人が乗った観光バスが乗用車と正面衝突し、バスの運転手を含む5人がけがをしました。

午前10時ごろ、斑鳩町の県道で通行人から「車4台ぐらいが絡む事故です」と通報がありました。

28日午前、奈良県斑鳩町で修学旅行の小学生30人が乗った観光バスが乗用車と正面衝突し、バスの運転手を含む5人がけがをしました。  午前10時ごろ、斑鳩町の県道で通行人から「車4台ぐらいが絡む事故です」と通報がありました。 警察によりますと、修学旅行の小学生が乗った観光バスが対向車線を走る乗用車と正面衝突し、付近を走っていた車など合わせて6台が接触しました。

引用:Yahoo

警察の話によれば、奈良県斑鳩町修学旅行の小学生30人が乗った観光バス乗用車と正面衝突し、バスの運転手を含む5人怪我をしましたとのことです。

修学旅行の小学生が乗ったバスが対向車線を走る乗用車と正面衝突し、付近を走っていた車など合わせて6台が接触した

バスと乗用車が正面衝突する大事故となり、バスの運転手や運転手などを合わせた5人が怪我をして病院に救急搬送されました。

 

いずれも、小学生たちに怪我はないということです。

 

警察は、観光バスが車道のセンターラインをはみ出した可能性もあるとみて捜査を始めています。

事故現場の様子と場所の詳細

引用:Yahoo

28日午前、奈良県斑鳩町で修学旅行の小学生30人が乗った観光バスが乗用車と正面衝突し、バスの運転手を含む5人がけがをしました。

 

午前10時ごろ、斑鳩町の県道で通行人から「車4台ぐらいが絡む事故です」と通報がありました。

 

斑鳩町の県道で起きた事故で、観光バスが車道のセンターラインをはみ出した可能性があるとみて警察が捜査をしている。

 Twitterコメント

 

まとめ

今回の記事のまとめ

・修学旅行の小学生を乗せたバスが正面衝突!小学生5人が怪我した模様!?

・事故現場の様子と場所の詳細

・ Twitterコメント

今回は、修学旅行の小学生たちを乗せたバスと乗用車の正面衝突の事故を取り上げました。

警察の話によれば、観光バスが車線を飛び出た可能性を追っているとのことでした。

何よりも小学生達に怪我がなくてよかったと思える事故の内容でした。

関連記事

【首都高5号池袋線】トレーラー横転! 40代男性が1人搬送された!事故現場はどこ?場所と詳細を記載
 トレーラーの単独事故が発生しました。東京都・板橋区を走る首都高速でトレーラーの単独事故があり、運転手の47歳男性が足を痛め軽傷です。この事故の影響でトレーラーが車線を遮断してしまい、一部通行止めになっています。警察によりますと、運転手はカーブに差し掛かるところで、ハンドル操作を誤っ単独事故をしたと見ています。

 

【神奈川・藤沢市】 車2台の事故 出合い頭に衝突 2人けが!事故現場の詳細と様子を紹介!?
 神奈川県藤沢市で2台の車が出合頭に衝突する事故がありました。信号機に突っ込んでいる車。 警察によると、10日午後6時半ごろ、藤沢市の市道の交差点で、車2台が出合い頭に衝突する事故があった。
CBD公式
日々の不安を取り除き、ストレスを緩和させ、より良いライフスタイルへ【smile CBD公式サイト】

20~50代の社会人で日々の生活にストレスを抱いている人達へ心と身体の疲れを癒すメッセージです。

この商品を購入して、日々のストレスにも緩和を与えまっしょう。
これから紹介するCBDには、8種類の天然由来の植物エキスを配合しているため爽やかな香り爽やかな香りでダメージを受けた肌に潤いを与えるから自分自身だけのリラックスタイムを取り入れる事ができます。

そして、なんといっても消費者の安全第一を考えた商品設計。日本の法律に遵って、産業用大麻(Hemp)の茎と種子のみから抽出したCBDを使用。

さらに、成分・規制物質についてはバッチ毎で検査を実施しております。CBDが苦手と感じている人にもオススメ。

高級なお菓子を連想させるパッケージデザインで人目も気にならない。

京都の飴職人が手掛ける米国産高品質CBD配合のキャンディが、忙しく、ストレスがあるそこのあなたの毎日に肌の潤いと爽やかな香りでリラックスを与える。

スポンサー
社会
tanakaminoru0213をフォローする
MEDIA LIFE

コメント